愛知県尾張旭市 名古屋市 瀬戸市 税理士 税理士事務所 会計事務所 確定申告 青色申告 インターネットビジネス 経営計画 マーケティング 税金対策

新井会計事務所 | 愛知県尾張旭市 名古屋市 税理士 会計 インターネットビジネス 経営計画 マーケティング 税金対策
お問合わせ・ご相談は、いつでもお気軽におメール・お電話下さい
財務分析.COM
なぜ、お金がなくなるのか?~新井会計の財務分析はこの悩みを解決します。
「もうかっているのに、おカネがない!?」
こんな経験をしたことはありませんか。

必ず理由はあります。
まずは相談してください。相談料は無料です

<ちょっと解説>
黒字倒産ということを聞いたことがあるかもしれませんが、
黒字になることと、おカネがあることは、実は別物なのです。
経営計画を立案する場合、この「おカネ」の管理が重要です。
これを「キャッシュフロー」と言います。
おカネは、人間の血液といっしょです。
常に回り続けなければいけません。
これが、何らかの事情で、回らなくなったとき、
たとえ黒字経営を続けていても、会社は倒産します。
「キャッシュフロー」は、おカネが、常に、問題なく回っているかをチャックするためのものです。
ですので、「利益が出ているのにおカネがない」と感じている方は、この「キャッシュフロー」を見直す必要があります。
ケース1 「なんでもっかってるんだ」編
「なんでそんなに利益が出るの!!」「なんで税金を払わなきゃいけないの!!」



絶叫に近い声が、受話器の向こうから、ビンビン響いてきます。
A社は、中国で老眼鏡などを委託工場で生産し、日本に輸入して、卸している会社です。
なので、中国からの仕入れ(中国と取引がある方はわかると思いますが)は、前払金となっています。
さて、社長は経理は、事務の女性にまかせっきりで、営業に飛び回っていました。

感覚的には、
「今年はトントンかな‥‥」
と思っていたのですが、
事実、「現金・預金」は、昨年度の期末から増えてはいない(むしろ減っている)のです。
事情を聞いてみると、今期は、当初、好調な出足だったので、
いつもより多めに、仕入れをおこなっていたのですが、
震災などの影響にとり、後半は売上げが激減したということなのです。

ということで、 試算表を見たところ、
「なんだこの在庫は!!」
そうなんです。在庫が膨れ上がっていたのです。
しかも、年間の仕入金額とほぼ同額、昨期末のほぼ倍の在庫が‥‥。

もうおわかりですね。
おカネがないのは、仕入れを、しかも前金で払っているのですが、
それに対する、売上げがなく、入金がないのです。
しかし、税金を計算するための損益計算の売上原価は、
「前期末棚卸額+仕入額-期末棚卸額」なので、
在庫が多いと、利益が出てしまうのです。

「なんで、もうかっているのに、おカネがないの!?」と思ったら、
まず、在庫の確認を!!
新井会計の財務分析の見本はこちらです
決算書を見て、「この数字のがたくさん書いてある表はなに?」
と思ったことはありませんか。
しかし、この数字の羅列の決算書こそが、経営を理解するために重要な資料なのです。
新井会計の財務分析は、この決算書から、
会社のワルいところ、つまり、
リスクを早期に発見し、改善することを目的としています。
さまざまな会計上の分析手法を利用しますが、
それをできるだけわかりやすくまとめ、経営計画の作成にお役立てしていただくように工夫をしております。

【見本はこちらから】

新井会計はわかるまでご説明します。
新井会計の財務分析の最大の特徴は、
資料を提出するだけでなく、所長税理士・コンサルタントの新井 亨が直接おうかがいをして、
経営者の方が、
ご理解いただけるまで、ご説明させていただくことです。
「なんだ、やっぱりわからない」とせっかくの宝を、放置させたりもしません。

新井会計の財務分析スケジュール
① 新井会計の財務分析に興味をもたれたり、ご質問はお気軽にお問い合わせください。
  担当の新井 亨がお答えします。
  そのため、申し訳けありませんが、最初のお問い合わせは、メールかFAXでお願いします。
② お問い合わせの上、ご納得がいただければ、まず、ヒヤリングをさせていただきます。
  経営者の皆さんが、何にお悩みなのか、何が問題点だと思っているかをヒヤリングしたうえで、
  それぞれの会社にあった財務分析をおこない、結果表を作成します。
  ヒヤリングまでに、3期分の決算書と、借入の明細書をご用意ください。
③ 財務分析にかかる期間は、2週間を予定しています。
  「すぐできるだろ」とお思いかもしれませんが、よく検討したうえで、結果表は作成します。
  また、場合によっては、追加の資料をお願いすることもありますのでご了承ください。
④ 結果報告は、原則、訪問したうえで、ご説明させていただきます。
  ご納得していただくまで、ご説明させていただきます。
⑤ 財務分析の結果を踏まえ、問題がなければ、決算ごとの定期的な財務分析をおススメします。
  また、改善点が見つかった場合や、ご要望がある場合は、
  一緒に事業計画を作成し、定期的に訪問して、コンサルティングをいたします。

新井会計の財務分析の対応範囲と料金
【対応範囲】
全国どこでも対応いたします。
【料金】
初回 52,500円(消費税込み)です。
※ただし、訪問面談を含みますので、愛知県以外については、
 別途、交通費を実費請求させていただく場合がありますが、
 あらかじめ、ご相談の上、決めさせていただきます。
財務諸表とは~新井会計の5Box分析
年に1回、決算をおこなって、財務諸表を作成します。
財務諸表は、税金を計算するためだけに作成するものではありません。
この財務諸表は、会社が「どこからおカネを集めて」、「何に投資し」、
そして、「どれくらいの利益をあげたか」という活動を説明するための表なのです。
ですので、経営者の方が、この財務諸表を読めれば、
「なんでおカネがないんだ?」
とただ疑問に思っているのではなく、
「どうしておカネがないか」の原因をは発見することができます。
財務諸表分析の基本が、5つのBoxによる分析です。
この5つのBoxの右側(貸方)は、「おカネはどこから来たか」ということを表しています。
左側(借方)は、「おカネを何に使ったか」ということを表しています。
右側の3つのBoxの「負債」は、銀行からの借入、仕入れ代金を掛けにした場合の買掛金、支払手形などの、
後からおカネを支払う義務のことで、マイナスの財産ともいえます。
「資産」は、株主から出資してもらった資本金、これまで儲けたおカネのうち社内に残っている剰余金などで、
元手と儲けの蓄積といえます。
「収益」は、本業での売上げや、その他の儲けで、会社が何で稼いだかということです。
この3つのBoxを見れば、会社のおカネの集め方に無理がないかどうかを判定することができます。
左側の2つのBoxの、手持ちの現金・預金、
売上代金を掛けにした場合の売掛金、受取手形などのあとからおカネになる権利、
会社経営のために購入した土地、建物、機械などのプラスの財産です。
「費用」は、会社は稼ぐために使った費用や、その他の損失などのことです。
この2つのBoxで、おカネの使い方に無理がないかどうかをチェックします。
新井会計の財務分析の基本は、この5Box分析です。
貸借対照表の読み方
【貸借対照表とはなにか】
貸借対照表は、ある一定時点(決算日)の会社の健康状態を表しています。
右側(貸方)の「負債の部」「純資産の部」は、
どこからおカネを集めてきたかを表しています。
会社が事業活動を始めようとした場合は、
まずは「おカネを集める」ことからスタートします。
すべてを自己資金で賄うのか、あるいは、他人に資金を出してもらうのか、
銀行からおカネを借りるのか、さまざまです。
左側(借方)の「資産の部」は、集めてきたおカネを、何に投資したのかを表しています。
たとえば、製造業であるとすると、工場を建設し、機械を購入し、材料を購入します。
流通業でも、商品の仕入れをおこないます。
会社は利益を上げるために、集めてきたおカネを、
さまざまなものに投資します。
そのような活動を表しているのが貸借対照表ということになります。
損益計算書の読み方
【損益計算書とは】
損益計算書は、一定期間(会計期間)の経営成績を表しています。
よく、「黒字だった」「赤字だった」という一喜一憂しますが、
あくまでも、区切られた一定期間の成績であって、
会社が、年月をかけて、積み重ねてきたものを表しているものではありません。
子どもたちが、学期ごとにもらう通知表のようなものだと理解してください。
ただし、税金の計算は、この損益計算書から求められた「当期純利益」から、
計算がスタートします。
navigation
なぜおカネがなくなるのか
新井会計の財務分析
財務諸表とは
貸借対照表の読み方
損益計算書の読み方